初心者おすすめ!Zbrushの使い方7ステップ

リモートワークとは?在宅勤務を始めるために必要なもの

リモートワークとは

「リモートワークって何ですか?在宅勤務に必要なものや、在宅でのメリットやデメリットを知りたいです。」今回はこのような疑問に答えていきます。

どうも、TUTUSIAです。ゲーム会社デザイナーで4月中は在宅でリモートワークをしています。

最近ではリモートワークを実施する企業が増えており、在宅業務について疑問をもっているかたは多いはず。

実際に私が1週間リモートワークを行ったので分かったことなどをまとめてみました。

この記事を読めば、リモートワークのための準備や、在宅勤務のメリットデメリットが分かります。とくにデザイナーの方は参考になるはずです。

リモートワークって何?

リモートワークがよくわからない人も多いと思うので、まずは簡単に解説します。

リモートワークの働き方は主に2パターンあります。

  • 会社のPCを自宅のPCで遠隔操作して仕事を行う
  • クラウドソフトなどでデータ共有を行い、自宅PCで仕事を行う

基本的にはどちらの働き方も自宅などの会社から離れたところで仕事をします。そのため、在宅勤務やテレワークといった呼び方をすることもあります。

社内PCを遠隔操作して働く

社内PCを自宅から遠隔操作することで在宅で仕事をすることができます。リモートワークというと多くの場合このような働き方を指しますね。

私の会社でも遠隔操作を活用してリモートワークを実践しています。

遠隔操作の場合、セキュリティなどはある程度安全に作業することができます。しかしリモートのための準備に手間がかかったり、遠隔操作のためPC操作にタイムラグなどの遅延が発生することが多いですね。

クラウドサービス等を活用して働く

グーグルドライブなどのサービスを活用して自宅からデータを共有しながら仕事をすることができます。

グーグルやSlackなどの社員アカウントを作成すれば簡単に始めることができます。一方で、セキュリティ面で不安があったり、自宅PCに仕事用のソフトウェアがなかったりすると作業ができないなどの問題はありますね。

リモートワークを始めるためには何が必要?

リモートワークを始めるためには機材やネット環境などの準備が必要です。必要なものについて思い当たるものについてまとめてみました。(太字は必須なもの)

  • パソコン
  • ネット環境
  • グーグルなどの社員アカウント
  • リモートアクセス環境
  • Winndows10のOS

当たり前ですがリモートワークをするにはパソコンとネット環境が必須です。

私みたいなデザイナーはノートPCよりもデスクトップPCの方が作業効率がよいので、業種によってはパソコンの種類にも注意が必要です。

遠隔操作をするならWindows10にしたほうがいい

OSがWindowsのパソコンはProエディション以上のものでないと通信ホストになることができないので注意しましょう。また社内PCがWindows10の場合、自宅PCのOSがwindows10でないとうまく接続できないので注意が必要です。

なお、接続する側のエディションはHomeエディションでも問題ありません。

OSが合わないなどの理由でリモートワークができない人は、上司に相談して会社のパソコンを自宅に郵送して仕事をするなどの対策を考えてもらうのが良いと思います。

参考までにわたしのリモートワーク環境を紹介

リモートワークを行ったパソコンなどの環境を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

自宅パソコンのOSWindows10 HOME
自宅のネット環境マンション備え付け光回線(有線接続)
リモートアクセス環境Akamai EAA使用
使用クラウドサービスGoogleドライブ
chatwork
Slack

ネット環境は無線などのwifi環境よりも有線LANの方が安定しますのでそちらをオススメします。

リモートワークまとめ

急にリモートワークへ移行となったので、正直とまどっている部分は少なからずあります。準備などにも手間取りましたし、ほかの社員によってはリモート環境が整っていない人もちらほらいて大変な様子がうかがえました。

一方で実際にリモートワークを行ってみると、通勤時間が無くなったなどのメリットがありました。こちらの記事でもリモートワークのメリットでメリットをまとめています。

リモートワーク自体がここ最近で広まったことなので、良い面悪い面をしっかり理解したうえで上手く実践していく必要がありそうですね。

ぜひ良い方向で働き方が変わっていくと嬉しいですね。