初心者おすすめ!5つの基本要素で覚えるZbrushの使い方

大人になると絵がなかなか上達しない理由【子供の気持ちで描こう】

大人のお絵描きは難しい

どうも、TUTUSIAです。

みなさんは絵を描いていますか?

大人になって絵を描き始めた人とかいるんじゃないでしょうか。そのなかでも、たくさん絵を描いているのに全然絵が上達しない悩みを抱えている人いると思います。

今回は絵が上達しない悩みを「大人」という切り口から答えていきたいと思います。

大人から絵をはじめると上達が難しい

ある程度成長して(大人になって)から絵を描き始めると、絵の上達が難しいです。大人になってからだと絵の上達が難しい点はおもに3つあります。

  • ほかの人と比べてしまう
  • 絵を描くことを純粋に楽しめない
  • 絵を描く時間がない

子供のころは純粋に絵を描くことを楽しめますが、大人になってからだと余計な思考が働いてしまって絵の上達が難しいです。くわしく解説していきます。

絵のレベルを周りとくらべてしまう

絵が上達しないことに悩んでいるひとは、周りの絵のレベルと比べて悩んでいないでしょうか。

とくに大人になってから絵を描き始めると周りに絵が上手い同世代、若い世代が多くいるのでよけい気にしてしまいます。

子どもの頃はまわりの絵のレベルが高くないので、他の人の絵のレベルと比べることなく楽しんで絵を描くことができます。今は神絵師と呼ばれる人でも子どもの時はふつうの画力だったかもしれません。

高校生以上になると自分よりも画力が高いひとが多くなり、プロも存在し始めます。ツイッターをひらけばプロかよっていう絵がたくさん流れてきて正直心臓に悪いです(笑)

なので、ほかのひとと比べることなく自分の描きたい絵を描いていきましょう。

周りと比べすぎて気づかないだけで、意外と絵が上達しているかもしれませんよ。

絵を描くことを楽しめない

大人になると、子供の時のように純粋に楽しく絵を描くことがむずかしいです。絵を楽しく描けないとなかなか上達することも難しくなります。

  • 絵を描くことに競争意識をもつ
  • 素直に描きたいものを描かない
  • 絵の批判を気にしてしまう

さきほどの周りの絵と比べることにも近いですが、大人になると絵を描くことに競争意識をもってしまい、楽しく絵を描くイメージが薄れてしまいます。

自分のために絵を上達したいという気持ちはいいと思いますが、他の人を超えるために絵を上達する気持ちだと上達は難しいと思います。

まずは、周りの評価やレベルを気にせず純粋に自分が描きたいものを描いてみましょう。子供のように楽しく絵を描いていくことが絵の上達につながります。

絵を描く時間がない

絵を上達させるにはたくさん絵を描くことが大切です。しかし、大人になると仕事などに時間をとられてなかなか絵を描く時間がありませんよね。

実際私も社会人になって絵を描く時間が減りました。ちなみに、大学生の時が一番時間があったのでめっちゃ絵を描いてました。(大学生暇か笑)

確かに大人になると絵を描く時間が少なくなります。しかし、工夫をすれば少ない時間のなかでも絵を描く習慣をつけることはできます。

  • 人体クロッキーをする
  • 小さいクロッキー帳を持ち歩く
  • スキマ時間にラクガキをする

人体クロッキーは時間がない人におすすめの練習法です。1回あたり5分くらいででき、効果もかなりあります。また、クロッキー帳を持ち歩くのはとても良いですよ。私もいつもカバンにクロッキー帳をいれて、仕事場で息抜きにラクガキするのに使ってます。

大人になるとなかなか時間がないですが、かしこく時間を使って絵を描いていくときっと上達していきますよ。

まとめ

大人になってから絵を描き始めると絵の上達が難しくなります。逆に子供の頃は、周りの絵のレベルや批判など気にせず純粋に楽しく描くことができるのでぐんぐん絵が上達できるわけです。

大人になると時間も少なく大変ですが、こどもの頃の気持ちをイメージして純粋にたのしく絵を描いてみましょう!その気持ちが絵の上達におおきく役立ってきます。