初心者おすすめ!Zbrushの使い方7ステップ

アニメ塗りで簡単にプロレベルのイラストを描くコツと描き方5ステップ

アニメ塗り

どうも、TUTUSIA(@tutusia_22)です。 美大を卒業して、現在はゲーム会社でキャラクターデザイナーをしています。

  • 色の塗り方がわからない。
  • 簡単かつプロ並みの色塗りをしたい
  • 初心者にもおすすめの塗り方を教えてほしい

色塗りでのこのような疑問を解決する記事を書きました。

ご紹介する「アニメ塗り」はとてもカンタンですが、塗り方次第ではプロ並みのハイクオリティなイラストに仕上げることができます。

実際に塗ってみたメイキングと共に紹介していきます。

この記事では、「アニメ塗りの基本解説」>「アニメ塗りの塗り方と実践」の順にわかりやすく解説していきます。

アニメ塗りとは

アニメ塗りは基本色をベースに、ハイライト、基本色、影、の3色の段階構成で着彩をするシンプルな色の塗り方です。

厚塗りイラストのようなリアリティを出すことは難しいですが、ポップ調のイラストを描くうえではとても向いている塗り方です。

基本的に影を1色だけで考えるのでとてもシンプルかつ初心者にもオススメです。シンプルなのでクオリティが低めなイメージを持たれるかもしれませんが、塗り方と仕上げのコツを学べばアニメ塗りでもレベルの高いイラストを描くことが十分に可能です。

アニメ塗りの塗り方

それではアニメ塗りの方法でイラストに色を塗っていきます。5ステップに分けてそれぞれ詳しく解説します。

1:下塗りをする

アニメ塗り1

まず線画に色を付けていきましょう。

線画と色のレイヤーは必ず別のレイヤーに分けて塗りましょう。私はいつもは髪の毛、肌、それ以外、の3つのレイヤーに分けており、その中でもそれ以外の部分は色ごとにレイヤーを分けています。

色ごとにレイヤーを分けておくと、後で色調整するときや色を変えたいときに編集が便利です。

下塗りをするときはバケツ塗りをすると短時間で塗ることができるので効率がいいです。線画を描く段階で隙間なく線を描いておくとバケツを使用した時に色がはみ出ることがないです。

2:肌を別レイヤーに分けて影を塗る

アニメ塗り2

下塗りとは別のレイヤーで上から影を塗ります。この時に肌とそれ以外の影は別レイヤーで分けておくことをおすすめします。(理由は影色をつけるときに解説)

影はだいたい明度4、50%くらいのグレー色で描きます。影レイヤーを下塗りの上から「乗算」などでブレンドすることで上手く影を合成することができます。影が濃いなと思ったら不透明度などで調整すると良いですよ。

影の塗り方のコツ

なお、影の塗り方のコツは2つあります。

  • 細かいシワ影は細かく描く
  • 大きいシワ影は大胆シンプルに描く

髪の毛の毛先部分や、服の関節部分などの影はとても細かくなります。そのような細かい影を描くときはある程度忠実に細かく描きましょう。

一方で、目立つしわなどの大きな影になる部分はシンプルな陰で描きます。逆に細かく描いていしまうと全体のバランスが崩れるので注意しましょう。

3:陰レイヤーに色をつける

アニメ塗り3

影を塗ったら、白黒の影レイヤーに色を追加してクオリティを上げましょう。

影レイヤーに色を付ける方法は、影レイヤーの上にクリッピングマスクでレイヤーを追加し、レイヤータイプを「カラー」にしてべた塗りすることでできます。

基本的には肌の部分は赤系の影色にして、服の部分などは青紫系統の色を付けることで見た目がよくなります。

4:オーバーレイで立体感をだす

アニメ塗り4

アニメ塗りのデメリットの一つに「平面的なイラストに見える」というポイントがあります。

その平面っぽさを解消するために、イラストの上から「オーバーレイ」で立体感を加えます。白黒で大まかにシャドウとハイライトを描き加えることで、イラストに少し立体感が出てクオリティアップにつながります。

この時の加工方法は「オーバレイ」でなくてもOKです。「ハードライト」や「乗算」など自分がしっくりくる加工方法で調整してみましょう。

違いがわかるかわからないかくらいの微妙な差ではありますが、この微妙な違いがイラストのクオリティにかなり重要になってきます。

5:ハイライトを描く

アニメ塗り5

最後に「加算」レイヤーなどで上からハイライトを描きます。

ハイライトを描くときのコツとしては白く描きすぎないことです。ハイライト部分があまりにも白いと光沢が強すぎるように見えるので金属ぽくなります。金属のハイライトを塗るときは白く塗ってもいいですが、それ以外の場合はハイライトは控えめで塗ると良いです。

また、バックライトや反射光が当たっているような感じで輪郭部分にハイライトを描くと少しクオリティが高いイラストのようになります。

よく影の部分だけで形を描こうとしている人が多い気がしますが、光の部分も大事です。光が当たることによってエッジ部分が際立ったり、丸みのある物体により立体感が出たりするのでハイライトを描くことはとても重要です。

まとめ

イラストを描くのが初めての人にもオススメのアニメ塗りを解説しました。

アニメ塗りはシンプルな塗り方なのでクオリティが低いように思われがちですが、光と影の塗り方や影色やブレンドなどの仕上げをしっかり行えばハイクオリティイラストに描くことができます。

ぜひ、アニメ塗りで楽しくイラストを描いてみてください!