初心者おすすめ!5つの基本要素で覚えるZbrushの使い方

イラスト上達から仕事につなげるなら美術学校の進学をすすめる理由

青空で絵画を描く人々

皆さんイラストが上手くなりたいと思うことあると思います。

特技として絵が描けたらいいな、趣味としてイラストや絵を上達したい、イラストを描くことで飯を食っていくために上達したいんだ!と様々な理由や度合いで絵が上手くなりたい人がいると思います。

そこで、イラスト上達のために学校に行くべきかどうか、どのようになりたい人が学校に行くべきかをまとめました。

上達してイラストを仕事にするなら学校に行くべき

イラストを描くことを仕事にしたい、絵で食っていきたい人にとっては学校に行って絵を学ぶことはとてもいいことだと思います。

デザイナーや有名クリエイターなどのプロが先生として教えてくれる環境なので、技術はしっかり身につくと思います。また、学校にはPCやデザインツール、美術道具や機材などの設備がそろっているので、自宅だけ行うことが難しい作業を行うことができます。

また、同じような志を持った学生が集うので絵を描く人同士のコミュニティを気づくことができますし、ともに技術を高めあうこともできます。

しかし、専門の学校に進むにはデメリットももちろんあります。一番はお金じゃないでしょうか。学費以外にも画材などにお金がかかることは頭に入れておいた方がいいでしょう。

実際に美大を卒業した感想:デザイナー職の就職は有利

私は4年制の美術大学に進学した後に、ゲーム会社のデザイナーに就職しました。美大に通って感じた就活でのメリットはいくつかありました。

  • デザイナー職を受ける場合、一般大学よりも美大出身の方が企業側のうけが良い
  • 企業側に美大出身者など大学と繋がりがあり就職に強い、
  • 美大から個別での推薦枠などがある。
  • 過去の内定者のポートフォリオがあるので参考になる。

やはり一般の大学と比べて専門色が強いので、そのような業種への就職は強くなるかと思います。

では、デザイナーやイラストレーター以外の職業では就職が厳しいかというとあまりそうではないと思います。企画職では、美大生の独創的なアイデアが高く評価されるので就職に向いているなどよく聞きます。

趣味程度なら学校へ行かなくてもイラストの上達は可能

絵を職にしない、趣味程度でいいならば学校に行かなくても十分にイラストを描くことの上達ができると思います。

最近ではネットや書籍などで様々な技法が取り上げられているので、個人の努力次第ではプロ以上の技術が身に着けられると思います。

ネットはほぼタダですし、書籍も大学の学費に比べれば全然安いのでお金がかからないメリットはありますが、プロの講師が面と向かって教えてくれる訳ではないので、あくまでも成長は個人の努力次第になるデメリットはあります。

イラスト上達のためにデッサン力を磨くなら「画塾」がおすすめ

美大に行くよりも画塾に行った方がデッサン力が鍛えることができると思います。美大には入学試験にデッサンを課してるところが多いのですが、それの対策として画塾に通う学生が結構います。

つまり、美大に進む学生の中には画塾でデッサン力を鍛えたうえで進学している人もいるので、デッサン力を鍛えるだけなら画塾だけでいいと思います。

実際美大ではデッサン以外にも他の美術科目や一般教養科目などもあるのでデッサンに費やされる時間は多いとは言いづらいです。

美大生がデッサンをするために画塾に行くことがあるくらいなので、デッサン力(画力)を鍛えるのならば画塾はとてもいい環境だと思えます。

目的に合わせて美大や専門学校に進むか考えよう

今の時代、情報がたくさんあるので美大、専門学校に行かなくても努力次第で絵やイラストの上達は可能だと思います。

しかし、絵を職業にしたい人たちにとっては美大、専門学校に行くことは絵の上達とともに技術を活かした就職に役経つと思うので、目的にあわせて考えるのがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です