初心者おすすめ!Zbrushの使い方7ステップ

ブログで稼ぐための基本の仕組み3パターンを解説

ブログ稼ぐ仕組み

どうも、会社員のTUTUSIA(@tutusia_22)です。当ブログは、けっこう更新をサボりながらも1年間ほど運営をしており、現在は月間2万PVほどのアクセスがあります。

  • ブログで収入を稼ぎたい
  • ブログで稼ぐ仕組みってどうなってるの?
  • ブログで稼ぐならどのサービスがおすすめ?

今回はこのような悩み、疑問を解決していきます。

ブログで稼ぎたいけど、いまいち稼ぐ仕組みが分からない人もいると思います。

この記事の内容
  • ブログで稼ぐ仕組み3パターン
  • ブログで稼ぐならWordPressがおすすめ【理由は3つ】
  • ブログで稼ぐことを失敗しないための2つのポイント

この記事ではブログで稼ぐ仕組みから、稼ぐために失敗しないためのコツを紹介しています。

この記事を参考にして、ブログ収益化を達成しましょう。

ブログで稼ぐ仕組み3パターン

ブログで稼ぐ仕組みを3つのパターンに分けて解説していきます。

その1:クリック型広告(Googleアドセンス)

クリック型広告はGoogleアドセンスが有名なので今回はそのサービスをメインに解説します。

Googleアドセンスはグーグルが提供するさまざまな広告をブログに設置し、広告がクリックされることで報酬を得られるサービスです。

  1. ブログ内にGoogleアドセンスの広告を自由に設置する
  2. 読者がブログ内に設置された広告をクリックする
  3. 1クリックごとにGoogleからブログ運営者に報酬が発生する

Googleアドセンスで表示される広告は、サイトを訪れたユーザーの情報から自動的に選ばれます。そのためブログ運営者は広告を置く場所を決めるだけで、ユーザーに合った広告を自動で提供することができます。

ちなみに、1クリック毎の報酬単価はユーザーの質や表示される広告によって異なります。平均単価は30円前後でと言われています。

Googleアドセンスの収益を上げたい場合は、サービスなどを利用してくれるユーザーが集まるサイトづくりをしたり、アクセス数を増やしてクリックしてもらう率を上げたりすることが大切です。

その2:成果型広告(アフィリエイト)

ブロガーなら1度は聞いたことがあるアフィリエイトは、広告を通して商品が購入されたりサービスの契約をしてもらったりするなど成果に応じて報酬が発生する「成果型広告」となっています。

ブログで稼ぐ多くの人がアフィリエイトを活用しています。

アフィリエイトで有名なのはASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)やAmazonアソシエイトなどがありますね。

  1. ブログ記事などに紹介したいASPのサービスやAmazonの商品を決める
  2. 紹介したいサービスや商品についての記事を作成し、広告をブログ内に掲載する。
  3. 読者がその記事にある広告を通して、サービスの申し込みや商品を購入すると報酬条件を満たします。
  4. 広告主やAmazon側から成果が承認されたら、ブログ運営者に成果報酬が支払われます。

クリック型と違って、アフィリエイトでは広告や商品の内容が固定されます。そのためアフィリエイト広告の内容によって記事のジャンルが決まり、自由に記事を書くこと少々難しくなります。

一方で、クリック型に比べてアフィリエイトの報酬単価が高いことが一番の魅力です。中には1件で数万円の報酬を得られるものもあります。

その3:自身の宣伝や商品販売

広告などの仲介以外にも、自分自身を宣伝したり自分の商品販売につなげたりすることでも稼ぐことができます。

ブログを集客メディアとして活用し、収益につながるものへアクセスを増やすことがポイントです。

  • 有料note
  • ハンドメイドのグッズ商品など
  • デザインやプログラミングなどの依頼を募集する
  • Youtubeチャンネルの宣伝に使う

実際に形ある商品でなくても、技術ノウハウなどをまとめた有料noteなどの宣伝をすることでも収入につながる可能性があります。

また、フリーランスなどで仕事を募集する時にブログを通して宣伝することで依頼の数が増えて、いままでより稼げるようになるパターンもあります。

ある程度集客ができるブログなら、自分の仕事や商品を使って稼ぐこともできますね。

ブログで稼ぐならWordPressがおすすめ【理由は3つ】

ブログで稼ぐ仕組みが分かったら、収益化にオススメのブログサービスも知りたいですよね。

結論から言いますと、ブログで稼ぐならWordPressが断然おすすめです。

なぜ、WordPressがブログで稼ぐことに向いているのか3つの理由に分けて解説していきます。

理由1:アフィリエイトに制限がない

WordPressブログではアフィリエイトをすることに対して特に制限はありません。

一方で、無料ブログではアフィリエイトをすることに制限があるブログサービスもあります。

また、無料ブログによっては、運営サービスの広告が勝手に入ることがあります。自分が意図しない広告によって読者が記事から離れていったら意味ないですよね。

なので、アフィリエイト自由で勝手な広告も出ないWordPressがオススメです。

理由2:カスタマイズ性が高く広告の設置位置も自由

WordPressは無料ブログに比べてカスタマイズ性が圧倒的に高いのが魅力です。広告も自由な位置に設置できますよ。

読者が一番見やすいところに広告を置くことでクリックされやすくなりブログ収益アップにもつながります。

一方で無料ブログは広告位置が固定であることが多いです。

WordPressを使って、ユーザーの反応に合わせて広告の位置を変えることで広告収益を最適化しましょう

理由3:アクセス数を伸ばしやすい(SEOに強い)

WordPressなどの有料ブログはカスタマイズ性が高くSEO対策もしやすいので検索上位に表示されやすいです。つまり無料ブログに比べてアクセス数が伸ばしやすいというわけです。

ブログのアクセス数は、広告をクリックしてくれる人の数に影響してきます。

アクセス数が多い=広告を見る人が多いわけなのでWordPressブログのほうが収益化には向いていますね。

ブログで稼ぐことを失敗しないための2つのポイント

ブログで稼ぐことは正直カンタンな話ではありません(汗。

そこで、ブログで稼ぐことを失敗しないためのポイントを2つ紹介します。

ブログ収益化の参考にしてみてください!

ポイント1:収益化よりも、アクセス数を伸ばす

ブログで稼ぐためにはある程度アクセス数がある必要があります。商品があってもお客さんがいなければ利益は見込めませんよね。

最初のうちは収益化を考えることよりも、ブログのアクセス数を伸ばすことをメインに頑張っていきましょう。

ポイント2:サイトづくりに試行錯誤を重ねる

ブログで稼げないのには理由があるはずです。まずは稼げない理由を分析してみましょう。

  • そもそもアクセス数が少ない
  • 記事の内容が伝わりにくい
  • 広告の位置がよくない、など

理由を分析していくと、アクセス数が多くても広告の位置が悪すぎて成果につながらないなど意外な落とし穴もあったりします。細かく分析していきひとつひとつ改善していくことがカギです。

ブログづくりの試行錯誤を重ねることで収益化を実現しましょう。

まとめ

ブログで稼ぐ仕組みについて分かりやすく解説しました。

ブログで稼ぐためにいくつかのポイントも紹介しましたので、ブログ収益化に向けて参考にしてみてください。