初心者おすすめ!5つの基本要素で覚えるZbrushの使い方

Death Stranding(デス・ストランディング)レビュー 繋がりによる繋がりの配達ゲーム

デスストランディングレビュー

PS4用ゲームソフトのDeath Stranding(デス・ストランディング)をやっとクリアしたので、遊んだ感想などを書いていきます。

デスストは繋がる配達ゲーム

デスストランディングレビュー

前情報ほぼなしでデスストランディングって何するゲームか分からず買いました。

遊んでみた感想としては、デスストは「配達ゲーム」でした。

赤ちゃんと配達と時々シューティングです、はい。配達するゲームって地味じゃね?何がおもろいのって思うかもしれませんが、やってみればわかるこれ超面白い。

面白さの理由としては「繋がり」が大きなポイントですね。

配達をすることによってアメリカの東から西が1つに繋がっていく。また、世界中のプレイヤーと繋がることで配達経路が開拓される楽しさもあります。

世界中の配達人と繋がる

デスストランディングレビュー

デスストランディングでは世界中の配達人と繋がることで施設建設の恩恵をうけたり、逆に誰かの役に立ったりもします。PSPlusに加入していなくてもこのオンライン機能は使えるのでありがたいです。いいね

だれかが建てた施設に「いいね」を送ることもでき、その様子はまさに世界中と繋がるネット社会やSNSのようです。

本編では、アメリカ中部に到達したあたりから世界中の配達人と繋がる楽しさが増します。序盤は少しつまらなく感じるかもしれませんが、アメリカ中部まで到達すると楽しさが倍増しますよ。

話やムービーが結構長かった

デスストランディングレビュー

デスストディングのストーリーはとても良く、雰囲気も個人的に刺さる感じだったのでめっちゃ満足してます。

ストーリークリアまでに40時間くらい遊んでました。

サブの依頼などの寄り道をしてるともっとかかったかもしれません。参考までに、龍が如くシリーズはいつもだいたい24時間くらいでストーリークリアしているので、デスストはかなり長かった印象があります。

ムービーもかなり長かったです

ほかのプレイヤーのクリアタイムも平均して40時間以上かかっている印象なので、時間に余裕があるときにプレイするのがおすすめですね。

小島監督の思いと世界観を堪能

デスストランディングは世界的に有名なゲームデザイナー小島秀夫さんの世界観や思いが多く詰まっています。小島監督でおなじみ小島秀夫さんは「メタルギア」や「サイレントヒル」の生みの親で有名ですね。

元々KONAMIの執行役員まで務めていましたが、社内体制やらでいろいろあって役員を下ろされ孤立したような状況だったそうです。その孤立した状況から、自身でコジマプロダクションを立ち上げ、彼の人柄についてくる様々な人たちとの繋がりによってできたゲームがデスストランディングです。

本作は「繋がり」をテーマに小島監督ならではの斬新な世界観を楽しめます。

  • 生と死、過去と今と未来、家族など様々な繋がりの話
  • 世界中の人々と繋がり助け合える楽しさ
  • 様々な人たちの繋がりによって実現した本作

作中の死の概念や、ビーチという三途の川のような世界観は一見不気味です。しかし、生と死の「繋がり」というテーマが実はあります。

ほかにも作中のストーリーには登場人物の「繋がり」が大きく関わってきますし、オンラインのゲームシステムも世界中の人との「繋がり」ですよね。

そのデススト自体も多くの人の繋がりによって実現しているんですよね。小島監督素晴らしい、いいね。

映画好きならたまらないキャスト

本作の主人公はノーマン・リーダスが演じています。海外ドラマ「ウォーキングデッド」のダリル役で有名な彼がゲームの主人公だなんて、映画ドラマ好きには最高ですよね。

その他にも、謎の男クリフアンガーはマッツ・ミケルセンが演じています。マッツが出るというだけでデススト買ったといってもいいくらいですよ、マジで。他にもゲスト出演で、ギレルモ・デルトロなども登場しています。アカデミー賞を取るくらいの凄い映画監督までゲームに出ちゃうってすごいですよ。

ゲーム内にキャラクターとして彼らが出演するのも、小島監督との人脈の繋がりがあったからなんですよね。小島監督はほんとうに映画のようなゲームをつくったと言えますね。

そういえば、作中では星野源さんの曲が収録されていたり、三浦大知さんがモデルのキャラクターが出てきたりと、日本の音楽アーティストとの繋がりもありますよ。ぜひ三浦大知さんのキャラも探してみてください。

デスストは繋がりによってできた繋がりのゲーム

デスストランディングは、様々な「繋がり」が大きなテーマのゲームでした。一見「配達ゲーム」という地味な感じがしますが、進めていくうちに様々な繋がりが強くなりゲームの楽しさがより増してきます。

「繋がり」がストーリーやゲームシステムなどで強く表れている本作「デスストランディング」は、多くの人たちの繋がりによって完成した作品です。

ネット社会が広まるいまだからこそ、ぜひ遊んでほしいゲームです。