初心者おすすめ!Zbrushの使い方7ステップ

【比較】意外と知らないデザイナーとイラストレーターの違い

塗り重ねられた絵具

絵がもっとうまくなりたい方や絵の勉強をしている学生さんの中には、絵を描くことを仕事にしたい人が多いと思います。

その絵の仕事の話においてよく「デザイナー」と「イラストレーター」という職業名があげられると思います。

似たように思えるかもしれませんがこの「デザイナー」と「イラストレーター」の仕事には違いがあるので、今回はその違いを解説します。

デザイナーとイラストレーターの仕事内容

まずデザイナーには様々な種類があります。WEBデザイナーや建築デザイナー、キャラクターデザイナーなど、様々なコンテンツの見た目ビジュアルを考え創る仕事が主です。

一方イラストレーターはその名の通りイラストを描きます。本や雑誌の表紙や挿絵、WEB漫画などもイラストレーターの仕事です。

デザイナーとイラストレーターのなり方と必要資格

デザイナーは、主に企業に就職するパターンが多いです。
デザイナーに資格は特にありませんが、就職の際に専門または大学卒業資格が必要になることが多いです。

一方イラストレーターはフリーランス形式が多いです。
自分のイラストをアピールして依頼主から仕事を受ければイラストレーターになったと言ってもいいと思います。

デザイナー同様イラストレーターも特に資格がありませんが、企業に就くイラストレーターなら専門または大学卒業以上の資格は必要になります。

デザイナーとイラストレーターの給料や待遇

上記にある通り、デザイナーは企業に就く場合が多いので給料は安定しています。また、優遇に関しても、多くの企業で社会保険などが充実してますので良いと言えるでしょう。

一方イラストレーターはフリーランスが多いので仕事案件の量が給料です。儲けが少ない人もいますが、儲ける人はデザイナーよりも儲かります。

企業に勤めてないイラストレーターは確定申告などの事務処理を個人で行わないといけないので、その辺は手間かもしれません。

まとめ

デザイナーとイラストレーターは仕事内容に大きく違いがあります。

雇用形態に関してはデザイナーは就職、イラストレーターはフリーランスの割合が多いです。

なので、イラストレーターでも企業に就いている方は給料優遇に関してはデザイナーとあまり差はないと思います。逆にフリーランスのデザイナーも同様のことが言えます。