初心者おすすめ!5つの基本要素で覚えるZbrushの使い方

目の描き方は6角形で考える!初心者でも簡単に描ける方法【5ステップで解説】

目の描き方

どうも、TUTUSIA(@tutusia_22)です。 美大を卒業して、現在はゲーム会社でキャラクターデザイナーをしています。

  • 目の描き方が分からない
  • 目が上手く描けるようになりたいです
  • 目を描くときは何を意識したらいいの?

このような悩みや疑問を解決する記事を書きました。

目の描き方は難しいイメージがあるかもしれません。しかしこの記事の「多角形に置き換えて考える」という描き方を実践すると意外と簡単です。

目の描き方を学ぶことで魅力的なキャライラストや、キャラの描き分けができるようになりますよ。

この記事では「目を構成する要素」>「目の描き方」の順で解説していきます。

目を構成する6つの要素

まず目の描き方を紹介する前に、目を構成する要素を解説します。

目をパーツ分けすると以下の6つのパーツ要素に分けることができます。

目の描き方1
  • まぶた
  • 目玉
  • 瞳(瞳孔)
  • 虹彩
  • ハイライト
  • 眉毛

これらのパーツ要素が、目の描き方では重要になってきます。

眉毛の太さの違いで女性らしさや、強い男らしさを表現できますし、目の色を変えることによってキャラクターに特徴を持たせることもできます。

目のパーツ要素はどれも重要ですが、特にまぶた(まつ毛)の部分は目を描くうえでもっとも重要なパーツです。まぶたは目のカタチをつくる部分なので、まぶたをどのように描くかでキャラクターの雰囲気が変わってきます。

目の描き方は「まぶた」が重要

目を描くときは、まぶたのカタチやまつ毛部分の太さ次第でキャラクターの印象が大きく変わってきます。

キャラクターの描き分けをしたいときは、目のまぶた部分の描き方を意識することで様々な個性の描き分けをすることができるようになります。

目の描き方2

目の描き方次第では、かわいいキャラにもできますし、カッコいいキャラにも描くことができます。特にかわいいキャラでは、まつ毛を濃く描くことでよりかわいく仕上げることができますね。

かわいい女の子の顔の描き方アイキャッチ萌える!かわいい女の子のイラストの描き方イケメン顔の描き方イケメン顔の描き方!カッコいい顔が描ける6つのポイント

まぶたのカタチはキャラクターの個性表現に大きく役立ち、クールな感じや眠そうな感じも表現することができます。

また、シワなどの感じから年齢の違いも表現することができますね。

目の描き方を5ステップで解説

それでは目の描き方を5つのかんたんなステップで紹介していきます。

1.目のカタチを6角形で考える

目のカタチを6角形で考えることで簡単に目が描けるようになります。

目の描き方3
  • 右目と左目のキョリは目の幅と同じくらいあける
  • 男性の目:すこし横長に描く
  • 女性の目:丸になるように描く

リアルな目でもデフォルメした目でも、右目と左目のキョリは目の幅と同じくらいあけるのが基本です。

そして、男性の目ではすこし横長に、女性の目では縦横比がおなじくらいの丸いカタチで描くことで、それぞれカッコいい、カワイイ、目を描くことができます。

目じりと呼ばれる目の外側端の頂点を上げるか下げるかすることでツリ目やタレ目を表現することができます。ツリ目ではよりクールに、タレ目ではよりキュートに仕上げることができるのでぜひ覚えておきましょう。

また、目のカタチを描く段階で瞳部分の下書きを描いておくと後々の作業が楽になります。

2.まゆ毛を描く

目の描き方4

次に、まゆ毛を描いていきましょう。

  • 男性のまゆ毛:太くて力強い
  • 女性のまゆ毛:細くてやわらかい

まゆ毛の太さで男女の違いを描き分けることができます。太いまゆ毛は男らしい力強さを表現できます。一方で、細くてやわらかいまゆ毛は女性らしい美しさやかわいらしさを表現できます。

3.まぶたを描きこむ

目の描き方5

さきほどの6角形で描いた目の下書きをもとに、まぶた部分を描き込んでいきましょう。6角形の下2つの辺をのぞいた合計4つの辺がまつ毛になっているのがわかるでしょうか。

  • 男性の目:まつ毛部分を濃くし過ぎない
  • 女性の目:まつ毛を濃く描く

最初の方でも説明しましたが、まつ毛を濃く描くことによってよりカワイイ目を描くことができます。まつ毛にハネを加えるなどしてより個性を出すのもいい方法だと思います。

また、男女ともにまつ毛の先端は細く描きましょう。そのように描くことで、スタイリッシュな感じが出て全体のバランスもよくなります。

注意
ちなみに6角形の下2つの辺では、まつ毛を濃く描きすぎてしまうと見た目のバランスを崩してしまいがちなので、下まつ毛を薄く描く、または描かないようにしましょう。

4.瞳を描きこむ

目の描き方6

目の魅力をより引き出すパーツの瞳を描いていきましょう。瞳の描き方では、男性と女性の描き方の違いはとくにないので、意識するポイントは共通しています。

瞳の中心には瞳孔という黒い丸の部分があります。この瞳孔は怒ったときや驚いたときに小さくなり、興味をしめしたり喜んだりしたときに大きくなる、という性質があります。そのため、表情の描き分けをするときに意識したいポイントですね。

ほかにもポイントとして、瞳の影があります。目は上からまぶたが覆っているため少し影ができます。なので、瞳の上部分は少し暗くなるので意識して描きましょう。

5.ハイライトなどを描きこむ

瞳にはより魅力を出す要素に虹彩とハイライトがあります。最後の仕上げに描いていきましょう。

目の描き方7

虹彩(こうさい、英: Iris)は、脊椎動物及び軟体動物頭足類の目において、角膜と水晶体の間にある薄い膜。瞳孔の大きさを調節して網膜に入る光の量を調節する役割を持つ。瞳孔がカメラの絞りの開口部に相当する。

虹彩-Wikipedia

虹彩とは目の膜の部分です。描き方は瞳の中心に向かって数本のラインを引くことで描くことができます。

虹彩を描き込むことによってリアルな目を描くことができます。逆にデフォルメしたイラストではあまり描き込まない場合も多いです。

最後にハイライトを描いて完成です。ハイライトを描く時は、光源の方向に光の反射を描くように意識しましょう。

目の描き方まとめ

キャラクターイラストでは、個性や特徴を出すために目の描き方が重要になってきます。そこで今回は目の描き方を初心者の方でもわかりやすいように6角形のカタチに考えて目を描く方法を紹介しました。

目の描き方がわかってくると、さまざまなキャラクターを目で描き分けることができるようになるので、イラストを描くことがもっと楽しくなります。

目の描き方をマスターしてより楽しくイラスト制作をしてみてください!