初心者おすすめ!5つの基本要素で覚えるZbrushの使い方

【Zbrush】ポリグループ3つの機能の使い方【初心者向け】

Zbrushポリグループ機能

どうも!TUTUSIA(@tutusia_22)です。 ゲーム会社で3Dモデリングをしています。Zbrush歴は5年以上です。

  • Zbrushのポリグループって何ですか?
  • ポリグループの分け方を知りたいです。
  • どうやったらポリグループ境界が綺麗になりますか?

ポリグループ機能についての疑問を解決する記事を書きました。

Zbrushのポリグループ機能を活用することで、ハードサーフェイスモデリングなど制作の幅を広げることができます。

この記事では、「ポリグループの基本操作」>「グループ別に表示・非表示する方法」>「グループ境界線を綺麗にする方法」の順で解説していきます。

ポリグループの基本説明

まずポリグループというのは、ポリゴンを色分け(グループ分け)することで一部を表示させたり、マスクをかけたりしてモデリング作業を便利にしてくれる機能です。

例えば、手のモデルを指ごとにポリグループ分けするとします。指ごとにマスクをかけることができるので、ひとつの指だけを曲げることができポーズ作成においてとても便利です。

色分けされたポリグループはShift+FまたはサイドバーのPolyFボタンを押すことで表示されます。

基本のモデリングではポリグループ機能は3つの機能を覚えるだけでOKです。

  • ポリグループに分ける
  • ポリグループ別に表示・非表示する
  • ポリグループ境界を整える

それでは、それぞれ解説していきます。

ポリグループに分ける

ポリグループの分け方は2つで、マスクで分ける、パーツごとに自動で分ける、これらの方法によって行います。

マスクからポリグループに分ける

ショートカットキー Ctrl+W でマスクからポリグループ分けができます。

まず、ポリグループで分けたい部分にマスキングをかけます。マスキングの方法は過去記事を参考にしてください。マスクをかけた後にCtrl+Wを押すことでマスク部分がポリグループに変更されます。

コツとして、シャープなマスクのほうがより理想のグループ分けができると思います。

MEMO
マスクされてない場合すべてのポリゴンが同一のポリグループになります。

パーツごとに自動でグループに分ける

ツール>ポリグループ>自動グループ からパーツごとに自動ポリグループ分けができます。独立したポリゴンごとにグループ分けされます。

例えば、5つの四角や球体が結合されたサブツールを自動グループ分けします。それぞれのカタチのポリゴンが独立しているので、5つのポリグループに分かれるわけです。

ポリグループ別に表示・非表示する

ポリグループ分けができたら次はグループ別に表示非表示をしてみましょう。基本は Ctrl+Shift を押しながら操作するので覚えましょう。

ショートカット操作機能の内容
Ctrl+Shift+グループをクリック選択したグループのみを表示
Ctrl+Shift+グループをクリック(2度目)選択した以外のグループを表示
Ctrl+Shift+グループをクリック(2度目以降)選択したグループを非表示
Ctrl+Shift+背景クリック全グループ表示
Ctrl+Shift+背景ドラッググループの表示・非表示を反転

グループを選択するごとに、表示・非表示のされかたが変わっていきますので、使いながら操作に慣れていきましょう。

MEMO
ポリグループ別に表示をした後にCtrl+Aで全マスク処理をすることで、グループごとにマスクをかけることができるので覚えておきましょう。

ポリグループ境界を綺麗にする

ポリグループに分けた段階では境界がガタガタだと思います。

とくべつなSmooth(スムース)ブラシを使ってポリグループ境界を綺麗にしましょう。

ライトボックス>ブラシ>Smooth から「Smooth Groupsブラシ」を選択しましょう。(注意事項が出ると思いますがOKを押して大丈夫です。)これでポリグループ境界をSmoothブラシでなぞると、境界線が一直線に整うようになります。

目の部分などをグループ分けしてSmoothで整えることで、綺麗な造形をすることができるのですごい便利ですよ。

まとめ

ポリグループをマスターするための3つの機能を紹介しました。

実は紹介しきれてないポリグループの機能があるのですが、プロの私でもほぼほぼ使わない機能なので今回は割愛してます。 今回紹介した3つの機能だけでじゅうぶんですし、初心者のかたにも覚えやすいと思います。

ポリグループはとても便利な機能なのでぜひZbrush制作に活用してみてください。