初心者おすすめ!Zbrushの使い方7ステップ

ZBrushチュートリアル【初級、中級、上級の3段階で解説】

Zbrushまとめ

どうも、TUTUSIA(@tutusia_22)です。 ZBrushをほぼ独学で勉強し、今はゲーム会社で3Dモデリングの仕事をしています。ZBrush歴は5年以上です。

  • 3Dモデリングを始めたいけど独学だと難しそうだなぁ
  • 初心者だけど3DCGをつくってみたい。
  • CG初心者におすすめの「ZBrush」って何ですか?

このような悩みを解決する記事を書きました。

3DCGは難しいというマイナスイメージが強いと思いますが、この記事の「ZBrushチュートリアル」を読めばCGへの印象も前向きになるはずです!

この記事では、CG初心者におすすめのZBrushについて「初級」>「中級」>「上級」の3段階に分けて解説をしていきます。

3DCGに興味があるけど難しそうだと思っている人はぜひ一読してみてください。

ZBrushとは何?

3DCG初心者にZBrushがおすすめというが、そもそもZBrushって何?って人も多いと思います。

ZBrushの機能はカスタムブラシを作成することを可能とし、形状、テクスチャ、色をバーチャルな粘土にリアルタイムの環境ですぐさま反映することができます。ZBrushを利用することで、映画スタジオ、ゲーム開発者、玩具、収集品メーカー、ジュエリーデザイナー、自動車デザイナー、イラストレーターや、様々な世界中のアーティストと同様のツールを活用することができます。

Pixologic Japan

ZBrushはデジタル上で粘土をこねるように3Dモデルをつくることができるスカルプトモデリングソフトです。私が働いているゲーム業界をはじめ、映像やフィギュア、デザイン業界など様々な業種でZBrushは幅広く使われています。

ZbrushのUI ZBrushとは? 3Dモデリング初心者におすすめのCGソフト

3Dモデリングというと、ポリゴンを1つ1つ組み立てておこなう大変な作業のイメージがあると思います。

しかし、ZBrushのスカルプトモデリングでは粘土をこねるようにモデリングをすることができるので、とても直感的な操作で3DCG作品をつくることができます。

この直感的操作がCG初心者にもおすすめできる理由です。

そのほかにも、かんたんに着色ができたりレンダリングをしたりもできるので初心者でも3Dを本格的に楽しむことができます。

初級:ZBrushの購入から初めての使い方を知ろう

ZBrushを購入しよう

まずはZBrushがないと始まりません。ZBrushの価格から購入の手順までを詳しく解説します。

ZBrushの価格

さっそくソフト購入!のまえにZBrushの価格が気になるところですよね。ZBrushには2つのタイプが販売されており販売元にもよりますが価格は以下のとおりです。

  • ZBrush:約10万円。Zリメッシャーなどすべての機能が使える
  • ZBrush Core:約2万円。Zリメッシャーなどの一部の機能に使用制限があります。

ZBrushには、通常のZBrushと機能制限があるZBrush Coreの二種類があります。価格が5倍も違いますが、使用できる機能にも大きい差があります。

ZBrushCoreの違い ZBrush・ZBrushCoreの違いを分かりやすく比較

ZBrush Coreのほうが圧倒的に安いですが、かなりの機能に制限があるので場合によっては損をする人もいるかもしれません。一方で、ZBrush Coreから通常のZBrushにアップグレードすることが可能なので、最初にZBrush Coreで操作に慣れてみるという買い方でもアリだと思います。

ZBrushの購入方法

ZBrushは開発会社のPixologicを含めた3つの販売会社から購入することができます。会社ごとに購入方法やサポート内容、商品価格が変わってくるのでそれぞれの販売会社の違いをしっかり理解して購入することをおすすめします。購入の前にZBrushの動作環境や使い心地に不安がある方は、ZBrushの無料体験版があるのでそちらをまず使ってみるのもいいと思います。

Zbrush購入の方法 ZBrush・ZBrush Coreの価格と3つの購入方法を比較!

はじめてのZBrushを使ってみよう

ZBrushを手に入れたらさっそくモデリングをしてみましょう。ZBrushには機能がたくさんあるため覚えるのが大変と思うかもしれません。しかし、基本的に5つの使い方を覚えておけばとりあえず大丈夫です。

  • ZBrushの起動から保存までの方法
  • よく使用する5つのブラシ
  • Ctrl、Alt、Shiftの3つのキー操作
  • ダイナメッシュ機能
  • サブツール機能

ZBrushの機能は多いですが、基本的に上記5つを覚えるだけで簡単にモデリングができるようになります。だいたい1週間くらいでZBrushの最低限必要な操作は身につくと思います。私もこれらの機能を覚えることで未経験から1、2週間でかんたんなモデリングができるようになりました。

初心者Zbrushはじめてでも簡単!ZBrushの使い方7ステップ【初心者でもCG作品がつくれる】Zbrushダイナメッシュとディバイド【ZBrush】ダイナメッシュとサブディバイドとは何?ZbrushサブツールZBrush入門!サブツールの使い方を覚えよう

中級:基本的なZBrush操作を使い倒そう

マスキング機能

初級のZBrushの使い方で紹介したCtrlのショートカットキー操作でマスキングを行うことができます。マスキングとは、マスクをかけたエリアを変形しないように形を保護することができる機能です。使い方次第では一部分をへこませたり、膨らませたりすることができるので、さまざまなモデリングシーンで使用することができます。

Zbrushマスキング機能 【ZBrush】マスク機能の使い方を覚えよう

ポリグループ機能

ZBrushではポリゴンを色分けしてグループに分類することができます。グループの一部を表示したり非表示にしたりすることで、モデリングを効率よく行うことができます。また、特殊なスムースブラシを使用することでグループ境界のエッジを整えることができます。目などの境界線を綺麗に作るときにとても便利です。

Zbrushポリグループ機能 かんたん!ZBrushのポリグループの使い方4ステップ

ギズモ機能

モデルのサブツールを移動、変形、回転させるときに使います。複数のサブツールを持つデータを作成しているときに効率よく作業できるのでぜひ覚えておきたい機能です。

ギズモ機能 【ZBrush】ギズモ機能の使い方を覚えよう

上級:ZBrushを効率化して作品の質を高めよう

ZBrushのカスタム要素

ZBrushには作業効率をあげるためにさまざまなカスタム機能があります。特にUI(ユーザーインターフェース)のカスタマイズをすることで普段の作業効率を何倍にも高めることができます。そのほかにも、カスタマイズされたブラシを使うことで表現の幅を広げることができます。プロの原型師やゲーム業界のアーティストがつくったブラシなどの素材が無料で公開されているので、ぜひ使ってみてください。

zbrushカスタムuiZBrushのカスタムUIの設定方法4ステップ【カスタマイズで作業効率アップ】zbrushカスタムブラシ【オススメ無料】ZBrushのカスタムブラシ11選!プロレベルのブラシで制作の質を上げようzbrushカスタムアルファ無料DL可!プロも使うZBrushのアルファデータ7選

シンメトリ機能

シンメトリー機能を使うことで綺麗に素早くモデルをつくることができます。片面をつくるだけで両面のモデリングを行うことができるので、シンメトリ機能は実質2倍の作業効率アップになりますね。また、複数対称にすることで不思議な模様をかんたんに造形することができるので楽しいですよ。

zbrushシンメトリ機能 ZBrushでシンメトリ機能を使い左右対称にモデルをつくる方法

Zリメッシャー

ZBrushには自動でポリゴンの流れを整えるZリメッシャーという機能があります。トポロジーというポリゴンの流れは、質の高いCG制作において綺麗な流れになるように意識することが大切です。

CGアニメーションでキャラクターなどのトポロジーが筋肉などの流れとあっていない場合、動きに破綻が起きることが多いです。問題が起きないようにトポロジーの綺麗なモデルを制作するのに、Zリメッシャー機能はとても便利です。トポロジーを整えることで造形のしやすさもよくなるのでZリメッシャーはぜひ覚えておきたい機能です。

Zリメッシャーの使い方 ZbrushのZリメッシャーで自動リトポする方法【ポリゴンの流れを綺麗にしよう】