初心者おすすめ!Zbrushの使い方7ステップ

ZBrushのショートカット操作54個【造形制作のスピードを上げよう】

zbrushショートカット

どうも、ゲーム会社デザイナーのTUTUSIAです。ZBrush歴は5年以上になります。

  • もっと効率よくZBrushの操作をしたい
  • ZBrushのショートカット操作を知りたい
  • デジタル造形の制作スピードを上げたい

ZBrushの操作にある程度慣れてきたら、より効率よくZBrushを使う方法を知りたいと思います。

そこで今回はZBrushの作業効率を爆上げするショートカット操作を紹介していきます。

この記事の内容
  • ZBrushのショートカットを紹介
  • ZBrushでショートカットを設定する方法を解説

ZBrushでの作業スピードを上げたい人は、ショートカット操作を覚えればいままでよりも早く造形をすることができますよ。

ZBrushショートカット54個まとめ

作業モードのショートカット5個

Tキー「Edit」のオン・オフ
Qキードローモード
Wキー移動モード
Eキースケールモード
Rキー回転モード

ブラシとストロークのショートカット10個

Sキーブラシサイズ
Oキーブラシの焦点移動
Bキーブラシの一覧表示
UキーZ強度(凹凸強度)
[または]キーブラシサイズの増減
Altキーブラシ凹凸の反転
Lキーレイジーマウス
1キー最後のストロークを繰り返し
2キー記録した全ストロークを繰り返し
3キーストロークを記録

モデル操作と表示のショートカット7個

Xキーモデルをシンメトリ化
Nキーサブツールを一覧表示
Alt+モデルクリックサブツールモデルの選択切り替え
Fキー画面内にモデルを収める
Pキーパース表示の切り替え
Shift+P床グリットの表示切替
Shift+Fポリフレームとグループ表示切替

マスクとグループのショートカット7個

Ctrl+Hマスクの表示
Ctrl+Aすべてをマスク処理
Ctrl+Iマスクを反転
Ctrl+背景クリックマスクを反転
Ctrl+モデルクリックマスクをぼかす
Ctrl+Alt+モデルクリックマスクをシャープにする
Ctrl+Wマスクをポリグループに変換

ポリゴンメッシュ表示切替のショートカット10個

Ctrl+Shift+クリックドラッグ選択範囲のメッシュのみ表示
Ctrl+Shift+Alt+クリックドラッグ選択範囲のメッシュを非表示
Ctrl+Shift+Xポリゴンの表示範囲を拡張する
Ctrl+Shift+Sポリゴンの表示範囲を縮小する
Ctrl+Shift+A選択しているポリゴンを拡張する
Ctrl+Shift+グループをクリック選択したグループのみを表示
Ctrl+Shift+グループをクリック(2度目)選択した以外のグループを表示
Ctrl+Shift+グループをクリック(2度目以降)選択したグループを非表示
Ctrl+Shift+背景クリック全グループ表示
Ctrl+Shift+背景ドラッググループの表示・非表示を反転

カラーとレンダリングのショートカット6個

Cキー頂点カラーのスポイト
Vキーカラーの切り替え
IキーRGB強度
Shift+R高品質レンダリング
Ctrl+Shift+Rすべてのツールをレンダリング
Ctrl+R選択したツールをレンダリング

ウィンドウ表示のショートカット6個

F1キーツールの表示
F2キーブラシの表示
F3キーストロークの表示
F4キーアルファの表示
F5キーテクスチャの表示
F6キーマテリアルの表示

保存と読み込みのショートカット3個

Ctrl+Shift+Tツールを保存する
Ctrl+Sプロジェクトを保存する
Ctrl+Oプロジェクトを開く

ショートカットの設定方法

Ctrl+Altを押しながらショートカットに設定したい機能のアイコンをクリックします。

クリックしたら上側に「カスタムホットキーを設定するには任意のキーを組み合わせて入力してください」と表示されます。文章が表示された状態でショートカットに設定したいキーを入力すると、「カスタムホットキーの設定に成功しました」と上側に表示されショートカットキーが割り当てられ使えるようになりました。

設定後は環境設定>ホットキー>保存を押してショートカット設定を保存します。これで完了です。

ショートカット設定の削除方法

Ctrl+Altを押しながらショートカット設定を削除したい機能アイコンをクリックします。

先ほど同様「カスタムホットキーを設定するには・・・」の文章が表示された状態でDeleteキーを押してください。ホットキー削除の文章が上側に表示されたらショートカット設定の削除は完了です。

設定後は同じように環境設定>ホットキー>保存を押して変更内容を保存しましょう。